• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | -------- | comments(-) | TOP↑

>> EDIT

「ロートレック荘事件」 筒井康隆

ロートレック荘事件

内容(「BOOK」データベースより)
夏の終わり、郊外の瀟洒な洋館に将来を約束された青年たちと美貌の娘たちが集まった。ロートレックの作品に彩られ、優雅な数日間のバカンスが始まったかに見えたのだが…。二発の銃声が惨劇の始まりを告げた。一人また一人、美女が殺される。邸内の人間の犯行か、アリバイを持たぬ者は、動機は。推理小説史上初のトリックが読者を迷宮へと誘う。前人未到のメタ・ミステリー。


夏の終わり、木内氏の別荘に招待された俺たち。
木内氏の娘とその友人たちも揃って、数日間のバカンスが始まった。
しかし、2日目の早朝、別荘内に2発の銃声が鳴り響いた。

あらすじは、大雑把にこんな感じでしか書けません。。
あるトリックのおかげで。
トリックの系統は知ってて読んだんだけど、わからなかったですね。
ただ、なんか違和感がずっとあったんだけど、あの一文までそれが何かが分かりませんでした。

「イニシエーションラブ」とか「葉桜の季節に君を想うということ」と同じように二度楽しめるってやつです。
が、この2作ほど衝撃はなく、あー違和感はそれだったんだって感じでした。

だけど、ラストは、切なく悲しい。。

スポンサーサイト

| た その他 | 2012-11-10 | comments:2 | TOP↑

COMMENT

こんにちは。

ずーーっと違和感あるままで読んじゃうんですよね。
「あれ?あれ??そういうものなの?
そんなにモテるの?」
と思って読んでました(失礼)
しかし、謎が解けるとやっぱりな~。
みたいに思うのですが、読後感は腹立たしかったです(笑)

| igaiga | 2012/11/12 09:35 | URL |

Re: こんにちは。

わぁ!!コメントありがとうございます!!

そーなんです。そーなんです。
途中誰の話してるの??って思ちゃうくらい違和感ありました。
モテモテでしたよね。

全部わかったときも、やられた~って感じがあんまりなくて、あ~~~って感じでした。。
読後感、腹立たしいってのもわかります◎




| るぱん | 2012/11/12 21:57 | URL |















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。