• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | -------- | comments(-) | TOP↑

>> EDIT

「トラップ・ハウス」 石持浅海

トラップハウス

内容(「BOOK」データベースより)
大学卒業を間近に控えた本橋大和は、級友たちと車2台に分乗し、郊外のキャンプ場に出かけた。先乗りしたはずの幹事の姿は見えないが、チェックイン済みのトレーラーハウスに向かう。見慣れない宿泊施設に興奮した九人全員が中に入って、そのドアが閉まったとき、復讐劇の幕が開いた―。はたして彼らは、生きてここから出られるのか!?―。


大学の卒業旅行に出かけた男女9人。
向かった先は、キャンプ場のトレーラーハウス。
馴染みないトレーラーハウスに興奮した9人に待ち構えていたのは、復讐劇だった。。

トレーラーハウスに閉じ込められた9人。
外に出られず、携帯もつながらない。
そして、小さくともダメージを受ける数々のトラップに、じわじわと追い詰められていく9人。
これを仕掛けたのは、果たして誰か。そしてなぜ?

狭いトレーラーハウス。
閉じ込められた9人。
1時間ごとに鳴るアラームとともに発見される犯人からのメモ。
犯人の意図を考えることが、解決につながると悟った彼らが出した結論とは。

数々の仕掛けにダメージを受ける彼ら。
1時間ごとに鳴るアラームやトラップは、いろんなところに仕掛けられてて。
ならば、そんな広くはないトレーラーハウスを、9人もいれば全部チェックしたりしないのかな~と思ったり。
そして、終盤で出てくる肝心なところ、、、普通は序盤できっとチェックしてるよね~と思い、ちょっとさめちゃいました。

誰が仕掛けた犯人なのか。
ドキドキしつつも、ちょっと入り込めず客観的に読んでしまいました。
うーん。
石持さんの10周年の記念作らしいですが、わたしとしてはイマイチ。。。
ごめんなさい。


スポンサーサイト

| あ その他 | 2012-11-12 | comments:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。