• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

「阪急電車」 有川浩

阪急電車

内容(「BOOK」データベースより)
隣に座った女性は、よく行く図書館で見かけるあの人だった…。片道わずか15分のローカル線で起きる小さな奇跡の数々。乗り合わせただけの乗客の人生が少しずつ交差し、やがて希望の物語が紡がれる。恋の始まり、別れの兆し、途中下車―人数分のドラマを乗せた電車はどこまでもは続かない線路を走っていく。ほっこり胸キュンの傑作長篇小説。


最近忙しくてなかなか本が読めず。。
この本は、以前に読んだことあって、DVDでも見てたんだけど、急に読みたくなって文庫買いました◎

片道15分の阪急今津線。
そこに乗り合わせた人たちの物語。
それぞれのお話しが、少しずつ交差して、誰かの人生に影響を与えていく。

ほっこりする小説です。
おすすめです◎

映画も結構そのままなので好きで、とくに玉鉄(玉山鉄二)の役が好きです。
小説では女子高生の会話でしか出てこない彼氏ですが、映画では玉鉄が演じてるんですが、見るたびにキュンってなっちゃいます。

わたしの地元では電車に乗ることがないんだけど、大学の頃は阪急電車乗ってました。
京都-梅田が390円で、JRより安いし便利もよくて、大阪行く時は阪急派でした。
レトロな感じの色合いも好きでした。

当時乗ってた電車の中でも、たくさんの人の人生が動いてたんだろうな。
この小説に出てくる人たちのように。

スポンサーサイト

| 有川浩 | 2012-12-13 | comments:4 | TOP↑

COMMENT

はじめまして、初めてコメントさせていただきます

映画が始まりかと思ったのですが、
書籍が先にあったんですねぇ

映画の内容しかわかりませんが
日々すごしている人誰でもストーリーが
あるんだと実感した映画でした

原作もあるなら今度是非読んでみたいですぅ

※大阪に行ったとき迷わず阪急電車にのっちゃいましたぁ

| テルコ | 2012/12/13 00:29 | URL | >> EDIT

玉山鉄二さんよかったですね
私も女子高生の話しが好きです
マユミとお兄さんもかっこよかったです
あと、映画には無かったですが「生」の話しも楽しかったです
映画も本も両方ともよかったです

| sizu | 2012/12/14 10:17 | URL | >> EDIT

テルコさん
はじめまして。
コメントありがとうございます!!

そうなんです。
原作があるんですが、映画もほぼそのままだったので、映画も好きです◎

自分の人生も、知らない間に名前も知らない誰かに助けられてるのかもと思っちゃいました。
そういうのステキですよね。


| るぱん | 2012/12/15 11:36 | URL |

SIZUさん
玉鉄いいですよね~
あの女子高生見る目ありますよね◎

「生」はわたしも生ビールを思い出してしまいます^^

| るぱん | 2012/12/15 11:38 | URL |















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>