• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | -------- | comments(-) | TOP↑

>> EDIT

「チョコレートゲーム」 岡嶋二人

チョコレートゲーム

内容(「BOOK」データベースより)
学校という名の荒野をゆく、怖るべき中学生群像。名門秋川学園大付属中学3年A組の生徒が次々に惨殺された。連続殺人の原因として、百万単位の金がからんだチョコレートゲームが浮かび上がる。息子を失った一人の父親の孤独な闘いをたどる、愛と死のショッキング・サスペンス。日本推理作家協会賞受賞作。


小説家の近内泰洋は、妻から最近息子の様子がおかしいと知らされる。
中学3年生の息子・省吾は、学校を休みがちだったり、アザを作って帰ったり、家のお金を勝手に持ち出したりしているという。
近内は省吾と話をしようとするが、省吾は聞く耳を持たず家を出て行ってしまった。

そして翌日、省吾の同級生が全身打撲の他殺体で発見される。

最近の省吾の様子と、殺人事件は何か関係しているのだろうか。
不安になった近内は学校や同級生から話を聞くうちに、「チョコレートゲーム」という言葉を耳にする。
「チョコレートゲーム」とは一体??

週末、キオスクでぱぱっと選んだ1冊。
読み終わって気付いたけれど、もう20年以上前の作品のようです。
だけど、あまり時代を感じないというか、むしろ現代のニュースにありえそうなお話しでした。

「チョコレートゲーム」名前はかわいいけれど、なかなか酷いです。
すべての発端は、このゲーム。

一気に落ちた近内家。
でも息子のために、父は頑張りました。
結構面白かったです◎

スポンサーサイト

| あ その他 | 2013-01-23 | comments:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。