• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | -------- | comments(-) | TOP↑

>> EDIT

「手紙」 東野圭吾

手紙

内容(「MARC」データベースより)
兄は強盗殺人で服役中。その時、弟は…。断ち切られた兄弟の絆。希望なき世界を彷徨う人生。いつか罪は償われ、傷は癒されていくのだろうか。


これはね、考えます。
同じ立場になったことはないですが、考えることいっぱいです。

兄と二人の生活してる弟直貴。
兄が自分の大学進学費用のために、強盗殺人をしてしまう。
残された直貴の苦悩と葛藤の数年間を描いたものです。

世の中のニュースでよく聞くいろんな犯罪。
でも加害者の家族がどうなったのかなんて、それまで考えたことなかった。

苦しみながらも、自分の立場をきちんとわかって生きていく直貴。
でも10代後半~20代の青春時代の彼には、いろんなチャンスが巡ってきます。
バンド活動を始めてデビューしかけたり、コンパに行って彼女が出来たり。
でも、そのたびに、服役中の兄の存在が邪魔をします。

兄にとっては、たった一人の弟へ書く手紙が、生きがいです。
でもその手紙さえ、弟を苦しめます。

直貴の職場の社長の言葉は、胸に突き刺さります。
「差別されるのは当たり前だ」と。

覚悟を決めた直貴。
それを知った兄。

せつないという言葉ではぬるいくらいのラストは、痛いくらい泣けました。

たくさんの人に読んで考えてもらいたいと思いました。
でも正解はわかりませんが・・・


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

にほんブログ村
スポンサーサイト

| 東野圭吾 | 2011-06-04 | comments:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。