• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

「敗者の嘘 アナザーフェイス2」 堂場舜一

敗者の嘘

内容(「BOOK」データベースより)
神保町で、強盗放火殺人事件が発生。容疑者にスポーツ用品店店長の渋谷が浮上する。だが、任意捜査の最中に渋谷は自殺。翌日には真犯人を名乗る女性弁護士・篠崎優が出頭する。混乱する特捜本部に、かつての上司・福原の命令で、育児のため一線から外れた刑事総務課の大友鉄が加わるが…。「アナザーフェイス」シリーズ第二弾。


ひとりで子育てしながら刑事を続ける大友鉄の「アナザーフェイス」シリーズ第2弾です。

強盗放火殺人事件の容疑者として任意の取調べを受けた渋谷。
だが、1週間の取調べの後、自殺した。

その翌日、女性弁護士の篠崎優が、自分が真犯人だと出頭してきた。
渋谷と篠崎は、同級生で昔からの知り合いだという。

ほんとに、篠崎が真犯人なのか。
それとも彼女の目的は別にあるのか。

大友は捜査に加わることとなった。
だけど、捜査をすればするほど、腑に落ちないことがどんどん出てくる。
事件の真相は果たして??

大友に協力する同期の柴、敦美との3人のタッグがいい感じです。
やっぱり同期って心強いですよね◎
前作より、息子の優斗の成長も見られました。

ミステリーなんだけど、人間ドラマの強い感じです。
ラストがいまいちって声も多いけれど、わたしは気にならなかったです。
意外とこういうことって現実にありそうで。。


スポンサーサイト

| 堂場瞬一 | 2013-02-08 | comments:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>