• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | -------- | comments(-) | TOP↑

>> EDIT

「ソロモンの偽証 第Ⅰ部 事件」 宮部みゆき

ソロモンの偽証Ⅰ部

内容(「BOOK」データベースより)
クリスマスの朝、雪の校庭に急降下した14歳。彼の死を悼む声は小さかった。けど、噂は強力で、気がつけばあたしたちみんな、それに加担していた。そして、その悪意ある風評は、目撃者を名乗る、匿名の告発状を産み落とした―。新たな殺人計画。マスコミの過剰な報道。狂おしい嫉妬による異常行動。そして犠牲者が一人、また一人。学校は汚された。ことごとく無力な大人たちにはもう、任せておけない。学校に仕掛けられた史上最強のミステリー。


最近ブログの更新が遅い理由。
それは、これのせいでした。。
気になってたソロモンの偽証を、買ってしまったのです。
1冊700ページ×3巻。
ひたすら読んでます。

まずは、第Ⅰ部を読み終えた感想です。

クリスマスの朝、柏木卓也が学校の裏庭で死体となって発見された。
状況や家族の話から、自殺と判断された。
しかし、冬休み明けに、学校に告発状が届いた。
柏木卓也の死は、他殺だと。

真相は果たして。

もう、イライラしながら読んだ第Ⅰ部でした。

学校の対応、警察の対応、マスコミの反応、生徒の心境、保護者の疑心。
ほんとにたくさんの人たちの心の動きがあって。
この話はどこに向かっていくのか、どういう結末を迎えるのか。

探り探りのⅠ部でした。

でもⅠ部終盤から、生徒たちは動きだします。
自分たちでこの事件を調べようと。

ということで、Ⅱ部読み始めました。

スポンサーサイト

| 宮部みゆき | 2013-02-18 | comments:2 | TOP↑

COMMENT

分厚さに圧倒されますよね

私も第一部はイライラしながら読みましたw
イラッとする登場人物がいっぱいで。

私は何も事前情報を入れずに読み始めたので
第二部の決意から第三部の裁判の展開が意外でした。
第三部の裁判ってこういうことだったんだー。っと。
おかげで第二部からは一転して楽しく読めました。
イラッとしてた人たちも、好きになったり。
※最後までイラッとした人たちもいましたけど^^;

| sizu | 2013/02/19 09:20 | URL | >> EDIT

SIZUさん
遅くなりました。。
やっと読み終わったんです。
いや~長かった。特にⅠ部は。

イライラしますよね~
なかなか真相が見えないので余計に。
でもイラッとしてた人たちを好きになるのもわかりました。

こんな中学生すごいです◎

| るぱん | 2013/02/23 16:42 | URL |















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。