• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

「幻夜」 東野圭吾

幻夜

内容(「BOOK」データベースより)
あの女のすべてを知りたい。過去も目的も、真実の顔も―。名作「白夜行」から4年半。あの衝撃が、今ここに蘇る。長編エンタテインメント。


「白夜行」の続編とも言われますが、わたしは、別物だと思ってます。
リンクする部分もありますが、でも別物と思ってます。
でも美冬も、雪穂に劣らず、なかなかの魔性っぷりです。

話しは、1995年の阪神大震災から始まります。
避難所で出会った美冬と雅也は、すべてを捨てて東京で生きていきます。

白夜行同様、美冬の心情描写はまったくないんですが
雅也の描写はあります。

一緒にいる雅也でさえ、つかめない美冬の正体。
雅也は、救われないですね。

個人的には、白夜行の方が好きです。
雪穂と亮司の関係には、愛があったと勝手に思っています。
それに比べて、雅也は利用された感が否めなくて・・・

でも
いろんな偶然が、ぜんぶ美冬が作り出した必然ということに脱帽です。
美冬というか、東野さんにですね。

なかなか暗くて、重くて、長いですが
一気に読めると思います。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

にほんブログ村
スポンサーサイト

| 東野圭吾 | 2011-06-06 | comments:2 | TOP↑

COMMENT

初めて読んだ

東野作品で初めて読んだのがこちら
るぱんさんに紹介されて読んでみました

怖いんだけど嵌りましたw
ザ・悪女って感じですね

| sizu | 2011/06/28 15:31 | URL | >> EDIT

濃い始まりだね

これが、東野作品の最初でしたかー!!
ふつう初めての人には、もっとサラッと面白いやつ薦めるんですけどね。

でもまんまと嵌ってくれて、嬉しかったです。

| るぱん | 2011/06/28 20:51 | URL |















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>