• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | -------- | comments(-) | TOP↑

>> EDIT

「不祥事」 池井戸潤

不祥事

内容(「BOOK」データベースより)
事務処理に問題を抱える支店を訪れて指導し解決に導く、臨店指導。若くしてその大役に抜擢された花咲舞は、銀行内部の不正を見て見ぬふりなどできないタイプ。独特の慣習と歪んだ企業倫理に支配された銀行を「浄化」すべく、舞は今日も悪辣な支店長を、自己保身しか考えぬダメ行員を、叱り飛ばす!張り飛ばす。


池井戸さんの短編集、初めて読みました◎

舞台は、銀行。
営業課の事務処理に問題を抱える支店を指導する部署の、相馬と部下の花咲舞。
それぞれいろんな問題を抱えた支店。
そこに数日間だけ指導に行く2人。

花咲舞。彼女がとっても気持いいです。
仕事は出来る、見た目もキレイ!!
そんな彼女が、指導に行った先の上司や支店長やらを、バッサバサ切っていきます。

銀行という組織に疑問を抱く花咲。
お客様相手の接客業のはずが、実際は名誉やプライド、出世を気にして保身ばかり考える偉い人ばかり。
そんな偉い人相手に、彼女が立ち向かう姿は、とってもかっこいいです◎

とってもスカっとする、気持ちいい1冊です。


スポンサーサイト

| 池井戸潤 | 2013-03-24 | comments:2 | TOP↑

COMMENT

狂咲さん、かっこいいですねー
「良くは無いけど、仕方ないよね」
っで逃げちゃいそうなものをどんどん蹴散らしていく感じがいいです
ちょっとコミカルで読みやすいし、続編でないかな?と期待してます

| sizu | 2013/03/28 17:36 | URL | >> EDIT

sizuさん

かっこよかったですね◎
間違ってても組織ってそんなものかってみんな無理やり納得するところを、ちゃんと指摘してくれて。

花咲さんのシリーズって出てないんですかね。
長編で読んでみたいな~とも思います。

| るぱん | 2013/03/29 16:14 | URL |















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。