• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

「逃走」 薬丸岳

逃走

内容説明
早期解決を確実視された殺人事件。容疑者の若者は何のために逃げ続けるのか? 驚愕と感動のラストが待つ、乱歩賞作家による逃亡劇。


ラーメン店の店主が閉店後暴行を受けて亡くなった。
犯人と思われる男は自ら救急車を呼び逃走した。
車も目撃されており早期解決と思われた。

しかし、犯人は証拠と思われる足跡を至るところに、警察を導くかのように残し、逃走し続ける。
彼は何をしようとしているのか。
なぜ逃走し続けるのか。

とても読みやすく、サクサク読めます。

彼の境遇、家族。
事件の真相がわかったとき、彼の逃走の意味がわかってきます。
必死で大事な人を守りたい彼の思い。

ただ、その逃走は必要だったのだろうか。
なんとも悲しい事件でした。

「天使のナイフ」以来ずっと注目の作家さんです。
とても重く深く犯罪被害者家族や加害者家族を描いています。
今回は、とても読みやすく面白かったけれど、ちょっと物足りない感じもしました。


スポンサーサイト

| 薬丸岳 | 2013-04-14 | comments:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>