• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | -------- | comments(-) | TOP↑

>> EDIT

「夏光」 乾ルカ

夏光

内容(「BOOK」データベースより)
哲彦が疎開先の漁村で出会った少年・喬史の顔の左半分を覆う真っ黒な痣。村人たちはそれをスナメリの祟りと忌み嫌うが、痣に埋もれた喬史の左目にはもっと恐ろしい秘密があった―。表題作など、グロテスクな美意識が異彩を放つ驚異のデビュー作。オール讀物新人賞受賞。


この前読んだ「メグル」の雰囲気がよかったので、乾さんのデビュー作を。
表題作含む6編の短編です。

表題作「夏光」がよかったです。
昭和20年の夏のお話です。
疎開先で哲彦は喬史と出会う。彼には左目に恐ろしい秘密があった。

広島人のわたしには、冒頭の手紙で何となく予想してしまいましたが、ラストの喬史が見た光景を想像するとぞっとします。
でもこのお話しが、ダントツよかったです◎

あとは・・・
実はなかなか進まず、、、とくに、金魚のお話しの「は」が気持ち悪くて。。
ブラックなお話しや後味悪いお話しは好きなのですが、こういうエグイ感じは受け付けず。

ちょっと思ってたのと違って、残念でした。。
最初に「メグル」を読んだから余計かな。

スポンサーサイト

| 乾ルカ | 2013-04-25 | comments:4 | TOP↑

COMMENT

るぱんさーん、おはようございまーす。

私もエグイ系はダメです。
想像しちゃって、気持ち悪くなっちゃうv-12

好みとしては、スッキリ爽快系かなv-411

| テルコ | 2013/04/26 06:13 | URL | >> EDIT

私もダントツでした。

表題作の「夏光」がダントツでしたね~。
やっぱりあの日に関してはきっと広島の方たちは
わたしなんかより、はるかにその時代を知っているんですよね。
目が青々とキラキラした時の事を思うと本当に鳥肌が立ちました。

| igaiga | 2013/04/26 10:05 | URL |

テルコさん

テルコさんもですか~?!
エグイのはちょっとしんどいですよね~。

テルコさんの好み、何となくわかります^^
本読んでて、こういうのテルコさんも好きだろうな~って最近思っちゃいますもん!!

| るぱん | 2013/04/27 21:24 | URL |

igaigaさん

やっぱり、「夏光」ダントツでしたよね~!!
ほんと鳥肌ものです◎

不思議系のはまあ読めたけど、エグイのがちょっとしんどかったですね。
でも乾さんの他にも読むと思います。何だかんだ、はまったのかな。

| るぱん | 2013/04/27 21:39 | URL |















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。