• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | -------- | comments(-) | TOP↑

>> EDIT

「シフォン・リボン・シフォン」 近藤史恵

シフォン・リボン・シフォン

内容(「BOOK」データベースより)
さびれた商店街に花ひらいたランジェリーショップ、そこに出入りする人々の人生模様。レースやリボン、小さな花柄の下着が、行き詰まった人間関係をなぜかほどいていく。地方都市に生きる人々の屈託と希望をえがく、摩訶不思議小説集。


寂れたシャッター通りの商店街に似合わないランジェリーショップがOPENした。
そのお店を舞台に書かれた連作短編集です。

お店に出入りする人たちのそれぞれの人生を描いた1・2章と、
ランジェリーショップを経営する女性オーナーの人生を描いた3・4章です。

体型にコンプレックスを抱く女性や、病気の女性、介護が必要な女性、そして米穀店の息子のような人たち。
みんなそれぞれ下着に対する思いがあって、意味があって、大げさだけど見えないところで人々の人生を支えているものなんじゃないかと思いました。

家族、親子のぎくしゃくした関係が、きっかけを得て少しずつ歩み寄っていく感じがいいですね◎

女性のほうが、共感できる1冊だと思います。

スポンサーサイト

| 近藤史恵 | 2013-07-14 | comments:2 | TOP↑

COMMENT

るぱんさーん、こんばんはぁ

なかなか本を読む時間がなくて、
いろんな本を読んでいるるぱんさんがうらやましいです(^_^)

この本も面白そーーです。
表紙の色使いも素敵v-10

いろんな人の人生のお話、これは読むしかないですね。

素敵な本の紹介、助かりますv-222

| テルコ | 2013/07/16 21:12 | URL | >> EDIT

テルコさーーーん

こんばんわー!!
コメントありがとうございます◎
これでも最近読んでないな~って思ってたので、贅沢な悩みでしたネ。

この作者さん、毎回いろんな世界で面白いです。
この本は驚くような展開はないけれど、じっくり人生について考えてしまうような感じです。
人生いろいろ、みんなそれぞれ、でもそれでいいって思えます◎





| るぱん | 2013/07/16 23:15 | URL |















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。