• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

「死神の浮力」 伊坂幸太郎

死神の浮力

内容紹介
『死神の精度』で活躍した「千葉」が8年ぶりに帰ってきました!
クールでちょっととぼけた死神を、今度は書き下ろし長編でお楽しみください。


待ってました!!
「死神の精度」の千葉さんの長編です。
人間の世界に派遣されて、対象となる人間を1週間調査して、その人間の死に対して「可」か「見送り」かを判断するのが死神である千葉さんの仕事。

今回の対象となるのは、山野辺遼。
1年前に娘を殺された彼の家を、幼稚園のときの同級生だと偽って訪ねた千葉さん。
これから7日間、山野辺を調査し彼の死を判断することとなる。
ということで、7日間のお話です。

娘を殺した犯人に復讐をしようとする山野辺夫妻。
残忍な事件、やりきれない思い、そんな現実の中で、千葉さんのテンポずれた会話が物語を暗くさせません。
山野辺夫妻にとっても、千葉さんの存在は救いとなっていた。

やっぱり、伊坂作品、いいですね~◎
こんな状況なのに、クスっと笑えることがいっぱいでした。
相変わらずいい言葉もいっぱい。

7日間調査した千葉さんの結果は果たして「可」か「見送り」か。


「死神の精度」を読んでなくても十分わかると思いますが、読んでたらなお楽しめると思います。


スポンサーサイト

| 伊坂幸太郎 | 2013-08-21 | comments:2 | TOP↑

COMMENT

死神の浮力、よかったですね
シリアスな設定ですけど、千葉さんがいろんな意味で救ってくれます

本城は、マリアビートルの王子が大人になったらあんな感じになるのかな。なんて思いながら読んでいました。
山野辺夫妻がかっこいいですね。
ちょっと悲しいけど、でもよかったです。

| sizu | 2013/08/27 17:22 | URL | >> EDIT

sizuさん

こんばんわ~!!
短編とはまた違った面白さがあって、よかったですねー◎

ほんとですね。王子!!わかります。
本城、嫌なヤツでした。
なので、ラストはいい感じでしたね。

死神の精度は映画になってたけど、これもまたなりますかね~

| るぱん | 2013/08/29 23:35 | URL |















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>