• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | -------- | comments(-) | TOP↑

>> EDIT

「幸せの条件」 誉田哲也

幸せの条件

内容(「BOOK」データベースより)
新燃料・バイオエタノール用にコメを作れる農家を探してこい!突然の社長命令を受け、片山製作所・伝票整理担当の梢恵は、縁もゆかりもない長野の農村へ。ところが行く先々で「コメは食うために作るもんだ。燃やすために作れるか」と門前払い。さらには農業法人「あぐもぐ」の社長・安岡に、「まずは体で一から農業を知れ」と一喝され、これまで興味も知識も皆無だった農業に取り組むことに。そこで初めて農家が抱える現実を思い知るが…。彼氏にも、会社にも見放された24歳女子。果たして、日本の未来を救う、新しいエネルギーは獲得できるのか?農業、震災、そしてエネルギー問題に挑む感動の物語。


東京で正社員として何となく働く梢恵。
社長から、長野へ行ってバイオエタノール用のお米を作ってくれる農家を探して来いと言われ、しぶしぶ長野へやってきた。
だけど、バイオエタノールのことも、農家のことも、ほとんど知らない彼女は空振りばかり。
そんな彼女に、「一から農業を知れ」と長野の農業法人「あぐもぐ」社長に一喝され、社長の家に居候し、農業に取り組むことに。

無気力で淡々と日々を過ごしていた梢恵にとって、農家の暮らしは刺激的でした。
「あぐもぐ」の社長をはじめ、家族のみんな、社員のみんな、たくさんの人に囲まれて、仕事を手伝い、みんなで美味しいごはんを食べて。
忙しく、ハードな毎日なのに、辞めたいと思わなかった。

農業を通して成長して、変わっていく梢恵がいいです◎
最初はこういう女の子苦手って思いながら読んでましたが、どんどん好きになりました。
まわりの人たちがみんな、親切で温かくて、読んでて気持ちいいです。

原田マハさんの「生きるぼくら」を読んだときも思いましたが
農業って人生を反映している感じですね。



スポンサーサイト

| 誉田哲也 | 2013-10-27 | comments:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。