• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

「島はぼくらと」 辻村深月

島はぼくらと

内容(「BOOK」データベースより)
母と祖母の女三代で暮らす、伸びやかな少女、朱里。美人で気が強く、どこか醒めた網元の一人娘、衣花。父のロハスに巻き込まれ、東京から連れてこられた源樹。熱心な演劇部員なのに、思うように練習に出られない新。島に高校がないため、4人はフェリーで本土に通う。「幻の脚本」の謎、未婚の母の涙、Iターン青年の後悔、島を背負う大人たちの覚悟、そして、自らの淡い恋心。故郷を巣立つ前に知った大切なこと―すべてが詰まった傑作書き下ろし長編。直木賞受賞、第一作。


爽やか系、辻村さんです。

瀬戸内海の島、冴島。
同級生は4人。朱里、衣花、新、源樹。
島の人たち、Iターンで移住してきた人たち。
いろんな人が住む冴島での、朱里たちと周りの人たちのお話です。

島には高校がなく、本土の高校に毎日フェリーで通う彼ら。
高校を卒業したらそれぞれの進路へ旅立つ彼ら。
一緒にいられるのはあと少し。

そんな彼らが、家族や島の人たちと一緒に、それこそ家族のように暮らす日々。
高校生だけど理解する島の現状。
その中で見つける自分たちの将来。

4人みんな個性的で、優しくて、温かくて、こんな暮らしいいなと思えます◎
その後の彼らの続きが読みたいです。
だって、源樹の「卒業までには」はどうなったの??

知らない土地に移住すること。
そこで仕事を探して、自分の居場所を見つけること。
Iターンの人たちの不安と努力。
田舎暮らしいいなーと、最近宮古島に行ってほんとに思ったこと。
傍から見れば羨ましいだけだけど、実際はいろんな努力をされてるんだろうと。
だけど、それだけ価値があることなんだと改めて思ったり。

とてもいい気持ちで読み終えました◎


スポンサーサイト

| 辻村深月 | 2013-12-07 | comments:2 | TOP↑

COMMENT

るぱんさーーん、お久しぶりぃ
私は元気でしたよ。
ブログはサボりっぱなしでしたが・・・

辻村さんの「冷たい校舎の時はとまる」
をやっと読み終わりました。
やっぱり辻村さんの小説、好きだなぁ
雰囲気がいいんですよね。

| テルコ | 2013/12/10 13:33 | URL | >> EDIT

テルコさーん

おかえりなさい◎

辻村さん、ハマリましたね!!
雰囲気わかります。
この「島はぼくらと」に「スロウハイツ」のあの人が登場しましたよ~。さて誰でしょう!!



| るぱん | 2013/12/10 23:47 | URL |















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>