• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | -------- | comments(-) | TOP↑

>> EDIT

「ロスジェネの逆襲」 池井戸潤

ロスジェネの逆襲


内容(「BOOK」データベースより)
ときは2004年。銀行の系列子会社東京セントラル証券の業績は鳴かず飛ばず。そこにIT企業の雄、電脳雑伎集団社長から、ライバルの東京スパイラルを買収したいと相談を受ける。アドバイザーの座に就けば、巨額の手数料が転がり込んでくるビッグチャンスだ。ところが、そこに親会社である東京中央銀行から理不尽な横槍が入る。責任を問われて窮地に陥った主人公の半沢直樹は、部下の森山雅弘とともに、周囲をアッといわせる秘策に出た―。直木賞作家による、企業を舞台にしたエンタテインメント小説の傑作!


半沢直樹です。
東京セントラル証券に出向になった前作の続きです。

IT企業の電脳雑技団が、ライバル社の東京スパイラルを買収したいという相談を受けた半沢直樹。
アドバイザーになれば多額の手数料も入ってくるチャンス。
しかし、親会社の東京中央銀行にアドバイザーを横取りされる。

全責任を問われた半沢は、部下の森山と、反撃に出る。

やっぱり面白い!!
落ちて落ちても、きっと最後にはうまくいくんだろうな~っと展開が読めるんだけど
それがわかってても、面白いです。応援してしまいます。
銀行を追い出された彼だけれど、彼の味方は銀行にも変わらずちゃんといます。

ロスジェネ世代で会社や組織に不満だらけの森山。
彼が半沢や東京スパイラルの社長、瀬名と一緒に仕事をすることで見えてくる自分の働き方。将来。

正しいことを正しいと言えること。
世の中の常識と組織の常識を一致させること。
この2つの信念を貫く半沢直樹の今後がさらに楽しみです。



スポンサーサイト

| 池井戸潤 | 2013-12-15 | comments:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。