• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

「たったひとり」 乾ルカ

たったひとり

内容(「BOOK」データベースより)
なぜ俺たちは戻ってきてしまうんだ!?半壊したラブホテル。廃墟探索サークルの男女5人を襲うタイムループ。極限状況で剥きだしになるエゴ、渦巻く愛憎。悪夢を脱するため、たったひとりの犠牲の山羊となるのは誰か?驚愕の新感覚ホラー。


廃墟探索サークルの大学生5人。
27年前に土砂崩れで半壊したラブホを訪れた。
当時5人がラブホ内にいてその中の1人の遺体が発見された。

そこでなぜが当時の時間に戻りタイムループを繰り返し始める。
今回訪れたのも5人。
全員で逃げても、全員で留まっても、結局タイムループを繰り返す。
つまり、当時の状況を再現すればそこから抜け出せるのかも・・・と考えて、1人ずつ部屋に留まることにする。

5人ひとりずつの章があり、それぞれの生い立ちや人間性etc.が描かれています。
普段の顔と、裏の顔。
極限に追い込まれたときにそれが発揮されたり。
なかなか興味深いです。

彼らはタイムループから抜け出せるのか。
その結果も気になるところですが、ラストがこう来るか・・・と。
後味はあまりよくはないですが、わたしの中では有です◎


スポンサーサイト

| 乾ルカ | 2014-03-04 | comments:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>