• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

「ヒーローインタビュー」 坂井希久子

ヒーローインタビュー

内容(「BOOK」データベースより)
仁藤全。高校では42本塁打を放ち、2000年に阪神タイガースの8位指名を受け入団。強打の外野手として期待されたものの伸び悩み、2010年までの10年間で171試合に出場、通算打率2割6分7厘で8本の本塁打に終わる。もとより、ヒーローインタビューのお立ち台に上ったことはない。しかし、彼について語るところのある者にとって、仁藤はまぎれもなく英雄だった―。彼の担当スカウト、好意を寄せる女性、タイガースで後輩にあたるドラ1投手、因縁浅からぬドラゴンズのベテラン左腕、高校時代に野球部でバッテリーを組んでいた男、それぞれが語る、ひたむきなプロ野球選手が輝いた一瞬。


阪神タイガースの仁藤全。
ドラフト8位で入団するも、1軍と2軍を行ったり来たりで、10年間ぱっとしない成績だった彼。
もちろんヒーローインタビューも1度もなかった。

だけど、彼を知る人たちにとって、彼は間違いなくヒーローだった。
彼をスカウトした者、後輩のドラ1投手、ドラゴンズのベテラン投手、そして、好意を寄せる女性etc.

彼の周りの人たちが語る仁藤全の物語です。

野球の話なんだけど、人間ドラマの方がメインですかね。
仁藤全は架空の人物ですが、チームメイトや相手投手などは、実際にいる選手をモデルにされてるんでしょうね。

カープファンだけど、面白く読めました◎
いいお話しだったな~ってじーんと来る感じでした。



スポンサーサイト

| さ その他 | 2014-05-05 | comments:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>