• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

「凍りのくじら」 辻村深月

凍りのくじら

内容(「BOOK」データベースより)
藤子・F・不二雄をこよなく愛する、有名カメラマンの父・芦沢光が失踪してから五年。残された病気の母と二人、毀れそうな家族をたったひとりで支えてきた高校生・理帆子の前に、思い掛けず現れた一人の青年・別所あきら。彼の優しさが孤独だった理帆子の心を少しずつ癒していくが、昔の恋人の存在によって事態は思わぬ方向へ進んでしまう…。家族と大切な人との繋がりを鋭い感性で描く“少し不思議”な物語。


ひさびさの辻村さん。まだ読んでないのありました。

高校生の理帆子。
有名カメラマンだった父は、5年前に失踪。
母もまた、病で入院中。
そんな状況の中でひとり現実の世界を生きる理帆子の葛藤の日々。

遊び友達も、彼氏もいるけれど、本気で心許せる人はいない日常。
そんな中で、突然現れた一人の青年、別所あきら。
彼といると素でいられる不思議な存在。

物語は、理帆子が、そして父が愛した藤子・F・不二雄のドラえもんとともに進んでいく、少し不思議な物語です。

理帆子の人間性、そして彼女を取り囲む世界は、やっぱり辻村さんの世界ですね。
独特の感性を持ったというか、共感できそうで出来ない部分もあったり。
だけれど、きっと誰にも存在する部分はあるんじゃないか思わせてくれる感じ。

ひさびさの辻村作品だったので、物語に引き込まれてすっかり忘れてましたが
やっぱりやられました。。

家族や友だちの愛の形はそれぞれ。
みんなそれぞれの方法でそれを伝えようとする。
伝え方は違っても、みんな相手を存分に思ってる。
それをどう受け取るかは本人次第。

いい作品でした。
ほんと、ドラえもんを中心に描かれた物語です。
すごいですね。好きです。



スポンサーサイト

| 辻村深月 | 2014-05-08 | comments:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>