• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | -------- | comments(-) | TOP↑

>> EDIT

「少女達がいた街」

少女達がいた街

内容(「BOOK」データベースより)
1975年、渋谷。ロックの熱狂が鳴り響く街に16歳のノンノはいた。親友チアキはバンドの道を突き進む。ノンノは自分に似た少女ナッキーと出会い、惹かれ始める。それぞれの青春は光に満ちていった。しかしそこに見えない影が差す。不可解な出火事件。焼け落ちたノンノの家からは二つの焼死体と一人の記憶を失った少女が発見された。21年後、既に時効になったこの事件をたったひとりで堀り起こす刑事がいた。そこにはあまりにも意外な真実が…。宿命に操られる少女達ふたりの魂の謎を追い、青春と人生の哀歓を描いた、横溝正史賞受賞女流の新感覚ミステリ。


前半の舞台は、1975年。
ロックに熱狂する高校生。
ロック喫茶に通い、ライブに行き、お酒飲んだり、新しい友達ができたり。
そんな高校生の青春ぽいお話しが描かれていますが、最後に不可解な事件が起きます。

後半は、1996年。
すでに時効になった21年前の事件について、ひとりの刑事が真相を追究し始めます。
前半の青春ぽいお話しが、後半で一気にミステリーに変わっていきます。

70年代の渋谷。ロック喫茶。
今から見ればそのちょっと古い感じが、なんだか新鮮です。
時代が違えども、高校生の考えることってあんまり変わらないなーと思いました。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

にほんブログ村
スポンサーサイト

| 柴田よしき | 2011-06-20 | comments:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。