• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

「借金取りの王子」 垣根涼介

借金取りの王子

内容(「BOOK」データベースより)
「誰かが辞めなければならないなら、私、辞めます」企業のリストラを代行する会社で働く真介の今回の面接相手は―真面目で仕事もできるのになぜか辞めたがるデパガ、女性恐怖症の生保社員に、秘められた純愛に生きるサラ金勤めのイケメンなどなど、一筋縄ではいかない相手ばかり。八歳年上の陽子との恋も波瀾の予感!?勤労者にパワーをくれる、笑って泣ける人気シリーズ、第二弾。


企業のリストラを代行する会社で働く真介の「君たちは明日はない」の続編です。
今回もまた、いろんな会社の人たちを面接します。
年上の彼女、陽子とも変わらず続いています。

真介が面接するのは、リストラに踏み切った会社の社員たち。
前作同様、彼らの人間ドラマが描かれた5編です。
リストラのイメージとは違って、どれもいいお話しでした。

とくに、表題作「借金取りの王子」
これよかったです◎

前作読んだときも思ったけど、惰性で働くわたしにはガツンときますね。
みんな頑張ってる。
わたしも頑張らなきゃね。

まだまだこのシリーズ続きます。
続きも読みたいと思わせてくれます。

スポンサーサイト

| 垣根涼介 | 2014-05-19 | comments:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>