• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

「沈黙のエール」 横関大

沈黙のエール

内容(「BOOK」データベースより)
フランス留学を控えた朝宮里菜が働く洋菓子店“ドンナ”に、生意気な少年が訪ねてきた。少年を連れて実家近くで食事をしていると、消防車のサイレンが聞こえてくる。「火事だ!燃えているのは朝宮洋菓子店だ」謎が謎を呼び感動のラストに繋がる、横関エンタメの真骨頂!


パティシエの朝宮里菜。
彼女が働く店に、ひとりの少年、陽介が尋ねてきた。
里菜の父の話では、陽介は親戚でしばらく預かることになったらしい。
しかしその夜、父は何者かに殺され、実家も放火された。

母を小さい頃に亡くし、姉も10年前に亡くし、父と兄だけだった。
その父も亡くなり、残されたのはどうしようもない兄、克己と2人だけになった。

父は誰に、なぜ殺されたのか。
里菜も知らなかった家族の真実がそこにはありました。

相変わらず読みやすいです。サクサク、さらっと。
2時間ドラマにありそうな感じ。

だけど、不意にもラストはうるっときちゃいましたね◎

スポンサーサイト

| 横関大 | 2014-05-24 | comments:2 | TOP↑

COMMENT

こんにちは。
読書がしたいなーと思いつつ、なかなか読めない日々なんですが、いつもるぱんさんのブログを参考にさせてもらってます。
サラッと読めるお話、いいですね。
読んでみたいなーと思います☆

| にゃんごろう | 2014/05/27 11:40 | URL |

にゃんごろうさん

コメントありがとうございます!!
読んで頂いてて嬉しいです◎

ぜひ、時間あるとき読んでみてください^^
また感想とかも聞きたいです。




| るぱん | 2014/05/27 21:16 | URL |















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>