• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

「四〇一二号室」 真梨幸子

四〇一二号室

内容(「BOOK」データベースより)
タワーマンションの最上階、四〇一二号室に暮らす人気作家、三芳珠美は、人生の絶頂にいながら満たされずにいた。ある日、古本屋の老婆に「あなたに」と古い写真を見せられるが、そこには見知らぬ赤ん坊の姿が写っていて…。一方、根岸桜子は同時期にデビューした珠美の成功を安マンションで妬ましく思う日々。そして、1999年11月22日、大停電の日。珠美がマンションから転落。その日から女たちの運命が逆転した―のは悲劇の始まりに過ぎなかった。“人間は、あっという間に地獄の底に転落するのよ”四〇一二号室からはじまる“不幸”の連鎖。著者が仕掛けた夥しい数の罠。『殺人鬼フジコの衝動』の著者、最恐イヤミス。


あっと言う間に9月も最終日。
全然書けてない今月。。反省。
ちゃんと読んでるんだけれどもね・・・

高級タワーマンションの一室を舞台にしたお話しです。
告知義務のある「心理的瑕疵物件」である4012号室。

かつてそこに住んでいたのは若い女性人気作家、三芳珠美。
しかし彼女はマンションから転落・・・
一方、珠美と同時期にデビューしたものの売れない作家、根岸桜子は珠美に嫉妬する日々を送っていた。
だが、珠美の転落事件により、彼女たちの運命は一転する。

いやー相変わらずのドロドロです。
嫉妬、私利、私欲etc...
そして、わたしが植物状態になったのは誰のせい?
嫌ミス満載です。
といか、意外とミステリーでしたね。
コロコロ変わる視点に混乱されつつ、ミスリードもされながら、伏線きっちり回収してくれました。


スポンサーサイト

| 真梨幸子 | 2014-09-30 | comments:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>