• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

「教場」 長岡弘樹

教場

内容(「BOOK」データベースより)
君には、警察学校を辞めてもらう。この教官に睨まれたら、終わりだ。全部見抜かれる。誰も逃げられない。前代未聞の警察小説!


これ、面白かったです◎
「傍聞き」がわたしにはいまいちだったけど、これは好きでした。

警察学校が舞台の連作短編小説です。
いろんな思いを抱いて警察官を目指す彼ら。
そんな彼らに待ち受ける過酷な警察学校の日々。
いろんなことを乗り越えたものにだけ目指すことの出来る警察官への道。

いろんな生徒が主人公となる短編集ですが、みんな同じクラスの生徒で繋がっています。
そして、常に彼らのそばにいる風間教官。
どこか「ジョーカーゲーム」を思い出すような雰囲気でした。

最近の中では、ひさびさに、一気読みでした◎

スポンサーサイト

| な その他 | 2014-12-17 | comments:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>