• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

「満願」 米澤穂信

満願

内容(「BOOK」データベースより)
人を殺め、静かに刑期を終えた妻の本当の動機とは―。驚愕の結末で唸らせる表題作はじめ、交番勤務の警官や在外ビジネスマン、美しき中学生姉妹、フリーライターなどが遭遇する6つの奇妙な事件。入念に磨き上げられた流麗な文章と精緻なロジックで魅せる、ミステリ短篇集の新たな傑作誕生。


図書館の待ちがすごかったので、サクっと買っちゃいました◎

表題作含む短編6編です。
「柘榴」はアンソロジーか何かで読んだことありました。

ミステリーというか、ホラーというか、人間の深層心理・・・というか。
どれも唸ってしまうような結末ですね。

個人的には、1話目の「夜警」が好きです。
一番面白かったです。
6話目の表題作「満願」はそれまでの5話でなんとなく展開予想しちゃって、この順番もったいないなって思いました。。
帯とか宣伝はこの「満願」のあらすじだったので、とっても興味深くて楽しみにしてたんだけど。。


米澤さんほんと久しぶりに読んだんだけど
やっぱりとっても読みやすいですね。
人気なだけあって、面白かったと思います◎

スポンサーサイト

| や その他 | 2015-01-30 | comments:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>