• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | -------- | comments(-) | TOP↑

>> EDIT

「重力ピエロ」 伊坂幸太郎

重力ピエロ

内容(「BOOK」データベースより)
連続放火事件の現場に残された謎のグラフィティアート。無意味な言葉の羅列に見える落書きは、一体何を意味するのか?キーワードは、放火と落書きと遺伝子のルール。とある兄弟の物語。


映画にもなった作品です。

半分しか血の繋がらない兄弟。
泉と春。
両方とも英語にしたら「spring」。

テーマはとても重いたいです。
遺伝子やDNA、家族の絆、連続放火事件、父の病気etc.

でも一貫として、ほのぼの雰囲気が漂っています。
家族の会話がステキだからかもです。


「本当に深刻なことは陽気に伝えるべきなんだよ」
まさにその通りの1冊です。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

にほんブログ村
スポンサーサイト

| 伊坂幸太郎 | 2011-06-28 | comments:2 | TOP↑

COMMENT

夏子さんがいいね

なんとなく、好きだったりw

あと泉くんもいいね
いかにも普通っていう感じなんだけど
優しくて色々抱えつつも優しさがあったりで

伊坂さんの小説では、よくいそうなタイプ
っていうのが頑張ってるのがいいね

| sizu | 2011/07/26 13:16 | URL | >> EDIT

春を追いかけるから、夏子さん。
ネーミングがいいですよね。

映画の加瀬亮は、泉のイメージに合ってました。

| るぱん | 2011/07/26 19:57 | URL |















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。