• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | -------- | comments(-) | TOP↑

>> EDIT

「タイマ」 嶽本野ばら

タイマ

内容(「BOOK」データベースより)
ある日、新宿をひとりで歩いていた小説家の「僕」は警官に呼び止められ、大麻所持の現行犯で逮捕される。警官の恫喝を浴びながら、僕は執拗な尋問と家宅捜索を受け、過酷な留置場での生活に入る。しかし、僕にとって何よりも辛かったのは、最愛の恋人・あいとの連絡が全く取れなくなってしまったことだった。裁判を終え、ようやく釈放されて彼女と再会した僕を待ち受けていたのは、思いもよらない、さらなる悲劇だった。自身の体験をもとに、釈放直後に書き下ろした衝撃的な恋愛小説!現実と創作の狭間に、作家の「真実」を見事に刻む。


先月、麻薬取締法違反で逮捕されたこの方。。
しかも、2回目だったんですね。
1回目に逮捕されたときのことを基に描かれたと思われるこの「タイマ」

現行犯逮捕されたくだりや取調べや留置場の様子は実際のまんまなのかなーて感じです。
彼女の話はフィクションぽいです。
逮捕された「僕」と彼女の「君」のお話です。

映画にもなった「下妻物語」でわかるように、独特の世界でした。
ロリータとか、ニルヴァーナの音楽とか、わからないとついていけないです。。

この本読む限り、逮捕された僕に訪れた思いも寄らぬ悲劇。。的な感じで
クスリはダメだよーって感じですが
結局数年後にまた逮捕されてるのを見ると、何とも・・・

ちょっとタイムリーな感じで読んでみましたが、うーん。。。
「下妻物語」の映画は面白かったんだけどね◎



スポンサーサイト

| た その他 | 2015-05-02 | comments:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。