• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | -------- | comments(-) | TOP↑

>> EDIT

「透明カメレオン」 道尾秀介

透明カメレオン

内容(「BOOK」データベースより)
ラジオのパーソナリティの恭太郎は、冴えない容姿と“特殊”な声の持ち主。今夜も、いきつけのバー「if」で仲間たちと過ごすだけの毎日を、楽しくて面白おかしい話につくり変えてリスナーに届ける。恭太郎が「if」で不審な音を耳にしたある雨の日、びしょ濡れの美女が店に迷い込んできた。ひょんなことから彼女の企てた殺害計画に参加することになる彼らだが―。陽気な物語に隠された、優しい嘘。驚きと感動のラストが心ふるわす―。


ラジオのパーソナリティーの恭太郎。
声はとっても男前だけど、実際は冴えない彼。
行きつけのバー「if」で常連仲間たちと、楽しく過ごす平穏な日々。

ある雨の夜、「if」に全身びしょ濡れの見知らぬ女性が現れる。
彼女の出現から恭太郎たちは彼女の計画に巻き込まれることとなる。

恭太郎がラジオで話す話が面白いです◎
常連客の仲間たちをネタにした話。

道尾さんだから、面白く読みながらも疑いながら読んでしまいますね。
雰囲気は「カラスの親指」に似てて、設定は「片眼の猿」のような。
面白くて陽気なんだけど、みんな抱えてるものあって。お互いに救われたり、救ったり。
哀しいけれど、優しい。
そんなストーリーでした。

どんでん返しは好きだけど、やられたー!!って感じのほうがいいですね。
こういうのはずるい。。と思っちゃう。



スポンサーサイト

| 道尾秀介 | 2015-07-20 | comments:2 | TOP↑

COMMENT

透明カメレオン

道尾さんを初めて読んだのが「ひまわりの咲かない夏」で、その印象がすごい苦手だったので距離を置いていたのですが、「カラスの親指」の映画を道尾さんだとは知らずに見て印象が変わりました。
「透明カメレオン」も面白そうですね! 読んでみたいです。

| 芥川 直木 | 2015/07/23 03:25 | URL |

芥川 直木さん

コメントありがとうございます^^

わたしも同じです!!
初めて読んだのが「向日葵の咲かない夏」で、苦手だなあーと思ってました。
そして同じく「カラスの親指」で他のも読んでみようってなりました◎
いろんなジャンル描かれてて、今回はどうだろうと思いながら毎回手にします。
結果、面白いと嬉しいですね~

| るぱん | 2015/07/25 21:28 | URL |















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。