• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | -------- | comments(-) | TOP↑

>> EDIT

「キング」 堂場瞬一

キング

内容(「BOOK」データベースより)
五輪男子マラソン代表・最後の一枠の選考レースまで四か月。日本最高記録を持ちながら故障に泣き、復活を期する天才・須田が最有力とされる中、優勝経験がなく“万年三位”の青山に正体不明の男が接触、「絶対に検出されない」ドーピングを勧めてきた。青山は卑劣な手段を一旦は拒むが…。ランナーたちの人生を賭した勝負を活写する傑作長編!


堂場さんのスポーツもの、好きです。
特に、陸上。

オリンピックのマラソン代表の一枠をかけた最終選考レース。
優勝経験はないが、棄権もしたことのない万年三位の青山。
日本最高記録を持つも、故障に泣いたガラスのエース、須田。
過去に優勝するも代表に選ばれず、陸連を敵にまわした武藤。

30歳になった彼らが、それぞれの環境の中で、これが最後と懸ける選考レース。

そんなとき、青山にドーピングを勧めてくる謎の男が現れる。
絶対に検出されないという。
青山の心は揺れる。

面白かったです◎
レースまでの選手たちの不安やプレッシャーや葛藤、そしてレースの展開。
マラソンを見るのは好きなので、読みながら実際に本当のレースを見てるような感覚になります。

果たして、誰が優勝するのか。
スポンサーサイト

| 堂場瞬一 | 2015-09-22 | comments:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。