• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | -------- | comments(-) | TOP↑

>> EDIT

「ナオミとカナコ」 奥田英朗

ナオミとカナコ

内容(「BOOK」データベースより)
ナオミとカナコの祈りにも似た決断に、やがて読者も二人の“共犯者”になる。望まない職場で憂鬱な日々を送るOLの直美。夫の酷い暴力に耐える専業主婦の加奈子。三十歳を目前にして、受け入れがたい現実に追いつめられた二人が下した究極の選択…。「いっそ、二人で殺そうか。あんたの旦那」復讐か、サバイバルか、自己実現か―。前代未聞の殺人劇が、今、動き始める。比類なき“奥田ワールド”全開!


ひさびさに、寝る間も惜しんで読んじゃいました◎

百貨店の外商部で働くナオミと、専業主婦のカナコ。
大学からの友だちのふたり。
ある日ナオミは、カナコが夫からDVを受けていることを知ってしまう。
追い詰められているカナコを助けたいナオミ。
彼女らは、ふたりでカナコの夫を排除しようと企てる。
排除=殺人ですけどね。

彼女たちが考えたシナリオは、結構いい感じです。
ただ、、、細かいことが雑すぎる・・・
ちょっと笑っちゃうくらいに。
そんなんで大丈夫?!とこっちがハラハラ。

けど、有り得ない!!と醒めてしまわないのは、さすが奥田さんでした。
雑なのは、あくまで彼女たちであって、この本のストーリーではないです。
このふたりの危うさが、ハラハラして、いつしか応援してしまうんです◎

いやー、最後まで面白かったです!
スポンサーサイト

| 奥田英朗 | 2015-10-01 | comments:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。