• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

「確証」 今野敏

確証

内容(「BOOK」データベースより)
都内で起きた強盗事件と窃盗事件。警視庁捜査3課で盗犯捜査ひと筋の萩尾秀一は、ふたつの事件には繋がりがあるとして、部下の武田秋穂とともに捜査を始める。捜査1課との軋轢や駆け引きの中で、ベテランの萩尾は何を見て、若い秋穂は何を考えるのか。「継続」と「ひらめき」が融合した円熟の警察小説、待望の文庫化。連続テレビドラマ原作。


刑事ものだけど、よく見る捜査一課ではなく捜査三課のお話しです。
捜査三課は、盗犯専門の課です。
そこのベテラン刑事萩尾と新人の秋穂のコンビが、都内で起きた強盗事件と窃盗事件を捜査します。

都内で起きた強盗事件、その12時間後に起きた窃盗事件。
このふたつの事件は繋がっていると思う萩尾。
しかし、次に起きた強盗殺人事件によって、捜査は行き詰る。

強盗殺人となれば、捜査一課の登場。
殺人事件専門の一課と、盗犯事件専門の三課。
同じ事件を追ってるも、両者の間にある軋轢。
捜査はどう進むのか。

とっても読みやすいです◎
みんなから信頼されている萩尾。
若いながらも、女性の目線でいいとこついてくる秋穂。
派手さはないけれど、人間味がある刑事たちで、面白く読めました。


スポンサーサイト

| 今野敏 | 2016-02-22 | comments:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>