• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

「僕は長い昼と長い夜を過ごす」 小路幸也

僕は長い昼と長い夜を過ごす

内容(「BOOK」データベースより)
50時間起きて20時間眠る特殊体質のメイジ。草食系でのんびりした性格に反し、15年前、父親を殺されたというハードな過去の持ち主。現在はゲームプランナーをしつつ、体質を活かした“監視”のバイトをしている。だが、そのバイトのせいで二億円を拾ってしまい、裏金融世界の魔手に狙われる羽目に。メイジは戸惑いながらも知恵と友情を武器に立ち向かうが、この利とも枷ともなる体質が驚愕の事態を招く。


50時間起きて、20時間寝るという体質の明ニ。
ありえないけどなかなか面白い設定です。

そんな明ニが2億円を拾い、逃亡します。
しかも突然現れたナタネさんと一緒に。
このナタネさん、謎の人物なんだけど、いいキャラなんです。

一方、明ニの実家の鉄工所は経済危機を向かえ、さらには15年前に殺された父親の事件は時効を迎えようとします。

いろんなものを背負った明ニの運命は・・・?!


明ニは結構切羽詰った状況なのに、自らのキャラと周りの人たちのおかげで、乗り越えていきます。
謎の人物ナタネさんと明ニの繋がりには、ホロっとしました。
小路さんの描く登場人物は、優しい人が多いなーと思います。

ハラハラしつつも、人情味溢れたお話しだと思います。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

にほんブログ村
スポンサーサイト

| 小路幸也 | 2011-07-07 | comments:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>