• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | -------- | comments(-) | TOP↑

>> EDIT

「闇は僕らをつないでる」 西本秋

闇は僕らをつないでる

内容(「BOOK」データベースより)
甲子園の常連である名門・蒼洋学園野球部。だが、一年前に部員が起こした刺傷事件と、それにつづく飲酒喫煙問題により、野球部はボロボロになっていた。激減した部員、素人の監督とコーチ、三年と二年の反目など、問題は山積みだ。さらには、グラウンドに動物の惨殺死体が次々と遺棄される事件が発生。これ以上のスキャンダルを恐れた部員たちは、死体を隠し事件を隠蔽してしまう。しかし状況から見て、犯人はチームの誰かとしか思えない。二年生エースの川守総は、野球部のマネージャーとなった浅井友花と共に、犯人を明らかにしようと動きだすが…。


先日、新幹線に乗る前に急遽ホームのキオスクで買った1冊。
もう選ぶ余地もなかったんだけど。。

甲子園を目指して入学した蒼洋学園二年のピッチャー川守総。
しかし、入部直後に先輩による傷害事件や飲酒事件により1年間の対外試合禁止処分を受けていた。
新入部員も入らず、部員も減り、いまは2、3年合わせてわずか13人のチーム。
それでも、1年が経ち、今年の夏は甲子園を目指していた。

しかし、このチームはまだまだ問題を抱えていた。
雨の日に現われる動物の惨殺死体。
謹慎明けの彼らは死体を隠し続けていた。
もしかしたら、部員がやったのかも知れないから。。

総は、マネージャーの友花と一緒に、動物殺しの犯人を探します。


甲子園の話しといえば、爽やか青春なイメージだけど、これは違いましたねー
問題だらけのチームの内情。
けど、実際に本気で甲子園目指して地元から地方の高校へ来た人たちって、いろんなもの抱えてやって来てるんだろうなーって思います。
中学まで優秀だった人たちがたくさん集まって、そこでさらに活躍できる人って少ないんだろうなって。


この結末は意外なものでした。
想像つかないなー
これほど、甲子園を目指すって大変なんだろうか。

そろそろ時期ですねー◎

スポンサーサイト

| な その他 | 2016-07-06 | comments:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。