• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | -------- | comments(-) | TOP↑

>> EDIT

「95 キュウゴー」 早見和真

95.jpg

内容(「BOOK」データベースより)
95年、渋谷。時代に抗うように、街を駆け抜けた、17歳の少年たちがいた。2015年の年末、37歳となった秋久のもとに母校の女子高生から連絡が届く。卒業制作のテーマとして「1995年」について調べているという。彼女と会った秋久は、自分の人生を変えたその年のことを語り始めた―。95年3月20日、地下鉄サリン事件が起きた。平凡な高校生だった秋久は、人の死に直面し動揺するなか、縁のなかった4人の同級生から渋谷のカフェに呼び出される。強制的に仲間入りさせられた秋久だったが、彼らとセンター街を闊歩し、刺激的な毎日を過ごすようになる。世界が劇的に変わるのを実感していた。だがある日、リーダー的存在だった翔が何者かに襲撃される。秋久は復讐を誓い、真犯人を捜すため行動に出るが…。


なぜか、いつもより画像が大きくなってしまいました・・

1995年の渋谷を舞台にした、高校生の青春物語です。
地下鉄サリン事件で初めて死を身近に感じた秋久ことQちゃんが
地味で平凡だった今までとは違う、新しい仲間たちと出会った95年、17歳の1年のお話。

仲間、タバコやビールの味、雑誌のモデル、初恋、そして、ケンカ etc..
初めて知ったいろんなこと。
ダサい大人にはなりたくないと、必死で駆け抜けた17歳。

そして、20年後、37歳となった彼らの姿は・・


わたしは、地下鉄サリン事件の日は小学校の卒業式でした。
だから、Qちゃんの17歳はわたしの中学生なんだけれど、出て来るワードは懐かしいものばかりでした。
いろんなドラマや音楽とか、、、ポケベルもめっちゃ使ってました◎

あの頃は良かったと言わない大人になろうと。
今が一番幸せと笑って言える大人になろうと。
17歳の彼らは夢見ます。

ほんとその通りですよね。
わたしもそれ意識してます◎

スポンサーサイト

| は その他 | 2017-03-26 | comments:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。