• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

「ひゃくはち」 早見和真

ひゃくはち

内容(「BOOK」データベースより)
地方への転勤辞令が出た青野雅人は、恋人の佐知子から意外なことを打ち明けられた。付き合い出すずっと前、高校生のときに二人は出会っていたという。彼は、甲子園の常連・京浜高校の補欠野球部員だった。記憶を辿るうち―野球漬けの毎日、試合の数々、楽しかった日々、いくつかの合コン、ある事件、そして訣別。封印したはずの過去が甦る。青春スポーツ小説に新風を注いだ渾身のデビュー作。


高校球児の青春物語でした。

25歳になった雅人が彼女から言われたのは、私たちは高校の時に出会っていたということ。
そして思い出す、甲子園を目指していた高校生のときのこと。

野球漬けの高校時代。
甲子園常連校で、ベンチ入りを目指していたあの頃。
仲間とずっと一緒だった寮での生活。
数々の試合の日々。
タバコ、お酒、合コンも一通り楽しんでいたあの頃。
思い出す記憶のどこに、彼女がいたのだろう。

甲子園常連校ということもあって、野球エリートばかりが集まっていて。
雅人も中学で野球はしていたけれど、一般入試での入学。
同じく一般入試組のノブとはとくに、悔しい思いもたくさんしながら頑張ってきた。

けれど、現在と過去の回想で描かれてる中で、
現在の感じから、当時の仲間たちとは何かあったんだなって感じます。
その出来事に向かって回想が進んでいきます。


高校生、あついですね。あつくて、単純で、青春だなーと。
作者の早見さんって、由伸監督と同じ高校の野球部だったんですよね。
だから、試合のシーンとか、高校球児の葛藤とか上手ですね。
高校球児って、実際にこんなに遊んでたのかしらん・・とちょっと気になりますが。。
雅人のお父さんがよかったです!!


今年も高校野球の季節がやってきましたね。
みんなそれぞれいろんな背景があって、あの舞台に立ってるんだなーと勝手に想像すると
なんかこみあげてきちゃいます◎


スポンサーサイト

| は その他 | 2017-08-06 | comments:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

| PAGE-SELECT | NEXT >>