• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

「勝手にふるえてろ」 綿矢りさ

勝手にふるえてろ

内容(「BOOK」データベースより)
賞味期限切れの片思いと好きでもない現実の彼氏。どっちも欲しい、どっちも欲しくない。恋愛、しないとだめですか。


この方の本、初めて読みました。
話題の「インストール」や「蹴りたい背中」も読んでないんですよね。

26歳OL、男性経験ゼロのヨシカ。
中学から思い続けるイチ彼と、同僚で好きではないけど告白されたニ彼。

イチ彼は、妄想彼ですね。
彼というより、片想いの相手です。

ニ彼とは、告白されたけど返事に困ったまま会い続けてる感じ。

ニ彼を巡って同僚の女の子と気まずくなって、
会社行きたくないがために「出来ちゃった」と会社に告げるヨシカ。
同じ社会人として、ちょっと・・・


字も大きいし、さくさく読めて、これが綿矢りさな感じなのかもですが
個人的にヨシカのことが最後まで好きになれませんでした。

でも、ウィキペディアで絶滅動物を調べる彼女はなんかマルでした。


他の作品も読んでみようと思いました。


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

にほんブログ村
スポンサーサイト

| わ行 | 2011-08-14 | comments:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>