• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | -------- | comments(-) | TOP↑

>> EDIT

「交渉人 籠城」 五十嵐貴久

交渉人 籠城

内容(「BOOK」データベースより)
喫茶店の店主が客を監禁・篭城する事件が発生した。交渉人に任命された遠野麻衣子に、篭城犯は「テレビカメラを駐車場に入れ、事件を中継しろ」と要求する。過去に犯人の幼い娘が少年によって惨殺された事件に動機があると推察するが、麻衣子たちは要求の真意を計りかねていた。そこへさらに突きつけられたのが、警察としては決して呑めない前代未聞の要求だった。解決策を探ろうと必死の交渉を続ける麻衣子の耳に、いきなり女性の悲鳴が聞こえる―。


交渉人シリーズ第3弾らしいです。
全然知らず、1弾、2弾読まず、いきなり3弾です。

喫茶店の店主、福沢基之が、110番通報してきます。
「店のお客さんを誘拐しました」と。
とっても冷静な犯人は、7人ものお客さんを自分のお店に人質にとり、監禁していた。

犯人の交渉にあたるのは、遠野麻衣子警部。
犯人の要求は、「テレビカメラを店の駐車場に入れて欲しい」と。

監禁の目的も、要求の内容も見えない警察が、福沢の過去を調べていくと、3年前に6歳だった娘が殺されていた。
しかも15歳の少年に。
その少年は精神鑑定と少年法により3年足らずの刑で少年院を出院していることがわかった。
この事件と今回の監禁事件には、繋がりがあるはずだと思う警察。

そして、ついに福沢から要求の真意を突きつけられる。
それは、警察としてはとても対応できない要求だった。
でも、要求が通らなければ人質を殺すだけだと言う福沢。

果たして、遠野麻衣子はどう犯人と交渉していくのか・・・


少年法に触れた作品は読んだことありましたが
どれも読むたびに心苦しくなりますね。

被害者の家族の思い。
被害者が未成年の場合でも被害者の報道は際限なくされるのに、加害者は未成年というだけで何も報道はされない。
被害者家族にさえ、何も情報は入ってこない。
被害者遺族側から見た少年法は、とても理不尽で警察が加害者を守ってるようにしか見えないのも確かです。

加害者側から見た少年法というのは、あまり馴染みがないので、よく分かりませんが。
でも更正の余地ある若者には、少年法はなくてはならないものなのかもしれませんが。


ただ
子どもを失った親の思いは、計り知れないと思うラストでした。

スポンサーサイト

| 五十嵐貴久 | 2011-09-20 | comments:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。