• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

>> EDIT

「告白の余白」 下村敦史

告白の余白

内容(「BOOK」データベースより)
家を出た兄が実家の農地の生前贈与を求めて突然帰ってきた。しかし、「2月末日までに清水京子という女性が来たら土地を譲渡してほしい」という遺書を記し自殺。兄はなぜ死んだのか。そして、女は何者なのか。期限の意味は。死の真相を知るため、弟の英二は一人京都へ向かうが―そこは、虚実入り混じる言葉で築かれた伝統の町。腹黒、嫌味、皮肉に塗れた“告白”が真実を覆い隠す。最後の1頁まで気が抜けない!表裏、黒白、真偽が次々と逆転するノンストップミステリ。


初めて読む作者さんです。

家出していた兄が、高知の田舎に4年ぶりに突然帰ってきた。
しかし、農地の生前贈与を求め、手続きが終わると、自殺した。
しかも遺書には、農地はある女性に譲渡して欲しいと・・
意味がわからない弟は真相を知るため、その女性・京子の住む京都へ向かった。

この兄弟、一卵性の双子なんです。英一と英二。
弟の英二は、英一を偽り、京子へ近づく。

京女は腹黒い。いけず。皮肉。裏の意味。。
京子の暮らす祇園の老舗のお店が立ち並ぶ街には、“よそさん”には理解できないことがたくさんあった。
そんな中で、果たして英二は誰の言葉を信じ、真相を知る事が出来るのだろうか。

わたし、京都が好きなので、京都が舞台のお話も好きでよく読みます。
ただ、この物語の京都は、わたしの知らない京都がたくさん描かれていました。
物語のカギは、この京言葉なんでしょうね。
この言葉をどうとるか。

英二は四十九日にも高知にも帰らないで・・といろいろイライラしちゃいますが、後半で一気に展開。
一気すぎて、重要そうなこともさらっと出してきちゃいましたねー

一卵性の双子は成りすませるものなのか気になるけれど、物語としては面白かったかな。
他のも読んで見ようと思います。

| さ その他 | 2017-03-24 | comments:1 | TOP↑

>> EDIT

「豆の上で眠る」 湊かなえ

豆の上で眠る

あらすじ・内容
行方不明になった姉。真偽の境界線から、逃れられない妹――。あなたの「価値観」を激しく揺さぶる、究極の謎(ミステリー)。
私だけが、間違っているの? 13年前に起こった姉の失踪事件。大学生になった今でも、妹の心には「違和感」が残り続けていた。押さえつけても亀裂から溢れ出てくる記憶。そして、訊ねられない問い――戻ってきてくれて、とてもうれしい。だけど――ねえ、お姉ちゃん。あなたは本当に、本物の、万佑子ちゃんですか? 待望の長編、刊行!


結衣子が小学1年のときに、2コ上の姉・万佑子が行方不明になった。
それから2年後に帰ってきた姉は、まるで別人のようだった。
姉に対する違和感を抱えたまま大学生になった現在と、小学1年の当時の回想で進んでいきます。

行方不明になった姉はどうなったんだろうと読み進めるのと同時に、現在の章には姉が登場する。
見つかったんだ。けど、別人のよう?と思いながらも
現在の姉がちゃんと存在してて。
いろんな想像を膨らませながら読みました。

辿り着く真実は、どうなんでしょう。
気になって、どんどん読んだけれど、こんなことってあるの?
無理があるような・・
主人公の結衣子ちゃんに同情します。

この終り方は、湊さんだなーと思いました◎

| 湊かなえ | 2017-03-17 | comments:0 | TOP↑

>> EDIT

「何様」 朝井リョウ

何様

内容(「BOOK」データベースより)
何者かになっただなんて、何様のつもりなんだろう―『何者』アナザーストーリー6篇。書下ろし新作も収録!


映画にもなった「何者」のアナザーストーリーです。

就活をする大学生のお話しだった「何者」。
リアルな感じがして、結構好きだったんですよね。
何者に登場した人たちの、高校時代だったり、就活前だったり、就職後だったり、6篇です。

「何者」にも登場した光太郎の、高校時代の甘酸っぱい恋のお話しが、キラキラしてていいなー◎
彼が出版社ばかり受けてた理由がココにありました。

他にも、「何者」で面接受けてた学生が、就職後、人事部に配属されていたお話し。
面接を受ける側から面接する側になって初めてわかること。

一番印象的だったのは、マナー講師をしている女性のお話。
今までずっと真面目に生きてきたのに、世間は一度道を踏み外した人の話しに耳を傾ける。
昔ちょっと悪かった。そういう下克上系がみんなは好きなんだと。
なんだかやりきれないなーと思ったり。

いろんな視点、目線で、描かれていて、面白いです。
「何者」を読んでると、さらに楽しめると思います。



| 朝井リョウ | 2017-03-05 | comments:0 | TOP↑

>> EDIT

「6月31日の同窓会」 真梨幸子

6月31日の同窓会

内容(「BOOK」データベースより)
神奈川の伝統ある女子校・蘭聖学園の89期OGが連続して不審な死を遂げる。同校出身の弁護士・松川凛子は、同窓生の証言から真相を突き止めようとするが―学園の闇と女たちの愛憎に、ラスト1行まで目が離せない!女子校育ちの著者が、かさぶたを剥がしながらダーク過ぎる“女の園”を描く、ノンストップ・イヤミス!


表紙からイヤミスを予感させる何とも言えないこの表紙。。

存在しない6月31日開催の同窓会の案内が届いたら死んでしまう・・・という
女子高の卒業生たちのお話。
次々と死んでいく卒業生や、怯える卒業生、相談を受ける弁護士になった卒業生。。
案内状を出しているのは誰?!犯人は誰?!

伝統ある女子高、しかもお嬢様学校。
小学校から入学してる子や、中学や高校からの外部生。
卒業後も何かと付き纏う母校の存在。
こんな学校イヤだわ~と思う蘭聖学園。

卒業生たち数人の視点で描かれているのですが
その人の話だったり、違う人の話ししてたり、
たくさんの登場人物に、混乱です。
これは誰だっけ?誰の話しだっけ?と、何度か戻ったりして。

期待が大きかったぶん、ちょっとイマイチ感もあったけど
女子のドロドロ感はさすがでした◎
怖い、怖い。


| 真梨幸子 | 2016-12-11 | comments:0 | TOP↑

>> EDIT

「恋のゴンドラ」 東野圭吾

おひさしぶりです◎
ずっと頑張って続けていたこのブログ。
最長記録で放置してしまいました。。
とくに何があった訳でもなく、、
その間にも訪問してくださった方、ありがとうございます ^ ^
再開1発目はやっぱり東野さんからね。


恋のゴンドラ

内容(「BOOK」データベースより)
この恋の行方は、天国か地獄か。怒濤の連続どんでん返し!


これは面白かったー◎
スノボが好きな人たちの短編集。連作短編集ですね。

1話目から、帯どおり、天国か地獄か・・・でしたね。
浮気相手とスノボを楽しむ広太が乗ったゴンドラに、4人組の女性が一緒に乗ってきた。
その中の一人はなんと、広太の同棲相手、美雪だった。
ゴーグルにフェイスマスク姿の広太・・・
美雪は気付いてるのか、気付いてないのか・・・
ゴンドラが山頂に着くまでの間、まさに地獄・・・

もう、こっちがヒヤヒヤ。

他にも、ホテルで働く同僚の男女たちの恋愛模様。
とくに、日田くんの恋の行方は必見ですね。


東野さんのこういうの、ひさしぶり◎
東野さんってミステリーのイメージが強くなってるけど、こういうサクっと軽いのも好きです。
黒笑小説とかのブラックな感じのも好きです。

そして、続けて「雪煙チェイス」も発売されてるんですよね。
読まないと!


| 東野圭吾 | 2016-12-09 | comments:0 | TOP↑

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>